西浦和エリア 実績のある個別指導塾 学習塾【英才個別学院 西浦和校】へお任せ下さい!

menu

西浦和エリア 実績のある個別指導塾 学習塾|英才個別学院 西浦和校

止まった時間を動かしにいきます!

こんばんは。英才個別学院 西浦和校です。

地元の公立の小中学校では、いよいよ来週から通常通りの学校生活が始まるということで、安心する気持ちと不安な気持ち、いや不安な気持ちの方が大きいのではないでしょうか。

結局、この3か月間の休校期間にお子様方はどれぐらいの学校の授業を止めたのでしょうか?少し計算してみます。

50分授業 × 6 =  1日に300分 =  1日あたり5時間

1週間で 5時間 × 5日間 = 25時間

終業式・始業式前後や春休み、ゴールデンウイーク分を抜いたとしても、5月末までに約8週間の授業がなくなったと考えると

25時間 × 8週 = 200時間

そして、今月も半月を分散登校や短縮授業により、通常時よりも授業数が減っていますので、どう計算しても200時間以上の授業時間を止めさせられた計算になります。

非受験学年のお子様には次学年への持ち越しといった内容も出てくるでしょう。しかし、この200時間分を平行移動させても追いつけるわけではないので、当然どこかの単元は“例年より”短い時間での学習を余儀なくされるでしょう。

これが要注意なのです。授業で扱う時間を短くしても乗り越えられるお子様はいるでしょう。しかし、こういったところから微妙な溝が生じるものなのです。「みんなもこのスケジュールでやっているのだから…」と考えてしまいがちですが、けっしてそんなことはなく個人差があるものなのです。

だから、お子様方が何気なく放った勉強への不安の言葉、もしかしたら言葉には出せずに困っている様子を出す子もいるでしょう。私もしっかりと気を付けますが、お子様の変化への気づきでは保護者の皆様には絶対に勝てません。何かお子様の様子が変だなということがありましたら、必ず私に教えてください。

最後に・・・今週、中3のお子様方に写真のものをお渡ししました。『受験勉強 記録帳』というもので、お子様の限られた時間を大切に使ってもらえるように、日々これを記入して室長である私に見せるように指示しました。勉強の管理は当然のことながら、学習科目に偏りはないかの点検、そして実はこういうところに書く字や言葉や線の引き方からお子様の抱える悩みに早く気付けるようにと願っての取り組みです。

形は異なりますが、高校生の皆様、小学生のお子様、非受験学年の中学生の皆様にも、良い再スタートを切って欲しいと願い、色々な企画を考えています。

英才個別学院 西浦和校の新室長 力の限り頑張りますので、どうか、この困難を一緒に乗り越えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

カテゴリー

英才個別学院  西浦和校 フェイスブック
英才個別学院  西浦和校 ツイッター
英才個別学院  西浦和校 YouTube チャンネル
英才個別学院  西浦和校 Google+