西浦和エリア 実績のある個別指導塾 学習塾【英才個別学院 西浦和校】へお任せ下さい!

menu

西浦和エリア 実績のある個別指導塾 学習塾|英才個別学院 西浦和校

6月の中3北辰テスト

こんばんは。英才個別学院 西浦和校です。

本日、塾宛にFAXを頂き、6月21日実施予定の北辰テストは『北辰テスト@home』ということでの実施になったとのことです。

試験範囲は休校期間を考慮し、3年1回テスト問題で実施する。自宅での受験となりますが、志望校判定や偏差値は算出してくれるとのことです。

成績表には「自宅での受験」と表記されるとのことでしたが、こういう機会は大事にしたいですね。お子様が再スタートを切るにあたり、そのスタート位置の確認をするのです。

間違っても、「ほら、さぼっていたつけが来た」とか「このままじゃダメじゃないの」としてはいけません。

実は、うちでは少し前にある指示を出していました。お子様が購入した手元にある北辰テスト過去問で本来は4月に実施する筈だった第1回のテストを5教科揃えてやりなさいという指示です。そして、それをやる前に「できていないことを叱るためにやらせるのではない。これからの作戦を立てるために今の状態を知りたいからやってもらうのだ。むしろ、悪いものを見せてくれ。病院の精密検査みたいなものさ」と話しました。

そう、この先、例年以上に限られた時間で頑張ってもらわねばなりません。ただ闇雲に「これまでの総復習だ」ではなく、どこが抜けていて、そのためにはどこからやり直す必要があるのかを明確にしていくことが必要です。

再会されたから、夏だから、とにかく一気に総復習しなくてはとするのではなく、それぞれのお子様にとって、どこから手を付けていけば良いのかはバラバラの筈なのです。これまでに学習していた単元が同じで、休んでいた期間が同じであっても、お子様の頭に残っている量は異なるわけですし、お子様の再スタート時のモチベーションだって異なるわけです。このお子様個人による差は例年以上に気を付けてあげなくてはいけません。

だから、「悪くて構わない。悪いところを見せてくれ」としたのです。

この時期のお子様は未完成で当たり前で、穴があるのも当たり前のことです。では、その穴をどこから埋めていき、どうやって気持ちを盛り立てていくのか、その精神的な部分まで十分に配慮した計画が必要なのです。放っておいてもガリガリ進められる馬力のあるお子様もいるでしょう。でも、人間そんなに強い人ばかりでもありません。

こう言っては何ですが、自宅受験であれば、ズルをしようとすればできるでしょう。でも、その結果を見て様々なことを見誤っては大変です。大事なのは過去のことではなく未来のこと、これからをどうしていくのか?を考えることです。

別にお子様が病気というわけではありませんが、たとえ話で病気のことを挙げておきます。精密検査をして、原因を探り、そこに適切な治療や薬を投与していくのです。その時に健康なところを先に治療なんてしませんよね?そんなイメージで再スタートを迎えさせたいと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

カテゴリー

英才個別学院  西浦和校 フェイスブック
英才個別学院  西浦和校 ツイッター
英才個別学院  西浦和校 YouTube チャンネル
英才個別学院  西浦和校 Google+